プラチナデータ  / 東野圭吾 著 幻冬舎

 当店の常連さんに「おもしろい!」と評判の東野圭吾さんの最新作『プラチナデータ』をご紹介します。

作品は、ちょっと近未来の社会派サスペンス的な内容です。サスペンス好き・警察モノ好き、そして東野圭吾さん好きなら、間違いなく楽しめす作品です。

クーラーの効いたお部屋で、じっくりとお楽しみ下さい。

以下に、出版社からの紹介文を掲載します。ご参考にして下さい。

 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。犯人は、神楽自身であることを示していた―。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です