福島県の鉄道から見た東日本大震災 /  橋本俊一 著 高樹屋

被災から運転再開 そして復興へ

 今回の東日本大震災により、多くの方の尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げるとともに、被災された方々に対して、心よりお見舞いを申し上げます。 著者 橋本俊一・山田書店

※本書の益金は、出版社 高樹屋を通じて、福島県災害対策本部に義援金として寄付されております。

 今回ご紹介する書籍『福島県の鉄道から見た東日本大震災』は、福島県ご出身の著者 橋本俊一氏が「この震災を後世に伝えなくては」という思いで、故郷の惨状に胸を締め付けられながら自ら取材・制作・出版されたのが本書です。

福島交通は被災三県の私鉄の中で、一番乗りの復旧を遂げました。

 本書は、東日本大震災が起こった3月11日から8月10日までの5ヶ月、福島県の鉄道からみた被災状況から運転再開までの軌跡が、写真や地図・年表形式で丹念にまとめられております。

また、今回の原発事故を招いた福島県の電力事情について、福島交通の経営立て直しにも参画された富山地方鉄道・立山黒部貫光の創業者 佐伯宗義(さえき むねよし)氏が再三危惧しておられた『潮流主義』についての解説も併設されています。

今後の国・地方のあり方にご興味をお持ちの方にも、是非ご一読いただきたい書籍です。

こちらの本を実際にお読みいただいたお客様の声をお聞きください

三重県鈴鹿市 I・M様

出版社:高樹屋 発売日:2011/9 寸法:B5サイズ ページ数:48ページ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です