万里一条鉄 /  橋本俊一 著 高樹屋

富山地方鉄道の創業者 佐伯宗義氏の軌跡

 佐伯宗義氏は、地方が中央の犠牲になることを良しとせず、地方を発展させるべく富山地方鉄道を興し、また立山黒部アルペンルートを開通させ、後に衆議院議員として、その生涯を地方発展に捧げられた富山県ご出身の大人物です。

その佐伯宗義氏がまだ若かりし頃、瀕死の福島電気鉄道の経営を立て直しに尽力されたことは、あまり知られてはいません。

富山地方鉄道の創業者 佐伯宗義氏の軌跡「万里一条鉄」

 本書は、佐伯氏がどのようないきさつで、福島電気鉄道の経営再建に関わられることになったのか?や、後の富山地方鉄道を興す際にも重要な柱となった『循環交通』について、分かりやすく書かれています。

 昨今は地方自治ということが、もてはやされていますが、本書は「地方自治の本質何か?」を考えるのにも最適な1冊です。

こちらの本を実際にお読みいただいたお客様の声をお聞きください

三重県鈴鹿市 I・M様

10年以上前に自費出版された本ですので、在庫が残りわずかとなっております。お早めにご検討ください。

出版社:高樹屋 発売日:2001/8 寸法:A5サイズ ページ数:50ページ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です